2013-09-10

ボクの脳裏に植え込まれたロックアイドル「浜田麻里~Paradox」

厨房のときですね、
南野陽子とか中森明菜とか、フツーに好きだし、ポスター貼ったりもしてましたヨ、ええ。

でもそれとは別の、そう、ロックという括りのアナザーサイドでですね、
Show-Yaの寺田恵子さんと、この浜田麻里さんは、二大マブい系アイドルだったわけです。

ちなみに菊池桃子の「ラ・ムー」だとか本田美奈子の「MINAKO with WILD CATS」といった更にアナザーサイドの黒歴史は、
みなさんの記憶から葬り去りましょうネ!


寺田恵子さんはビジュアルがとにかく好きで、オールナイトの2部を聴いては、
「なぜこれがテレビじゃないんだ?!」
とモヤモヤしていたものです。
「水の中の逃亡者」を歌ってた頃で、まだ完璧にケバくなる前ですね、確かw

そしてそして、浜田麻里さんですよ~。
当時は“ハードロックの女王”なんて言われて、
アルバムもテープでダビングしたものを散々聴いておりました。
aiwaのダブルカセットでwww

やっぱり、こんな綺麗なヒトがハードロックをやっている、ということに当時は大変な背徳感を覚えまして、
オレらだけの秘密テキなことを勝手に空想して、ピロピロとギターを合わせていましたヨ、ハイ。





パラドックス、いいですね。
やっぱりシャウトというか、ロックビブラートがイイですヨ。
最近もどこだかのテレビで生歌を歌ったそうですが、大そう素晴らしかったとか。
歌声も美貌も。


ということで、彼女の最新アルバムを。
パラドックスとかは入っていませんけどネ。

0 件のコメント :

コメントを投稿