2013-10-11

「レディオヘッド~Everything in its right place」ロックかどうか?



レディオヘッドの問題作「Kid A」のオープニング「Everything in its right place」です。

いやぁ、スピリチュアルこの上ない一曲ですね!
逆インパクトとでもいうんでしょうか。

このアルバムをGEOの中古CDで購入して、カーステにONした時は、
「アレ?音が聴こえてこないよ??」とボリュームを上げたものでした。

すると、ずっとこんなカンジの「ファ~」っとしたサウンドではありませんか。
ピンクフロイド以来の感覚だゼ。

クルマのような密室で女の子と二人きり、こんな音楽を流してたら、催眠状態になるかもしれないッスね。

なので、心理状態を揺さぶられがちなタイプの人は、気をつけてくださいね。




レディオヘッドってのは、ジャンルが難しいバンドで、
オルタナティブロックなんだか前衛音楽なんだかよくわからない、
要はアルバムコンセプト毎にそのサウンドが変化するタイプのバンドなんですね。

今風といえば今風ではありますが、
メタルのようなハードなサウンドが好きなボクのような一本調子野郎は戸惑うばかり。

いつか取り上げるであろうオアシスもそうですが、
イギリスってのは、こんな実験的バンドが非常に早いサイクルで新陳代謝するんですね。
さすがビートルズの母国だけのことはありますよ。

しかし、近年のブリティッシュバンドは、アメリカでは成功しないんですね、ええ。
これが昔と違うところ。

【送料無料】【輸入盤】Kid A (Cled) [ Radiohead ]

0 件のコメント :

コメントを投稿