2013-11-05

「エクストリーム~Decadence Dance」HR/HM停滞期に登場したファンクメタル




旧来のハードロック・ヘヴィーメタルという音楽ジャンルがマンネリ・停滞感が漂っていた時期に登場したのが、
“ファンクメタル”と称された、ファンキーなノリのメタルバンド「エクストリーム」です。

この時期って、確かにいろいろ出てたんですよね、
新しくデビューするメタル系バンドは、
「メタル+別ジャンルの音楽」
という方法論で登場しては、結局消えるという悪循環を繰り返していたものです。
ファンク系であれば、エクストリームの他にもキングスXだとかリヴィング・カラーなんてのもいました。
日本における一発屋芸人の乱発と同じシチュエーションで、
メディアがとにかく煽動し、なんとかユーザ離れを防ごうという魂胆ミエミエなのでした。
そんな一発屋たちのCD、今思うと何枚買わされたことか、完全にヤングギター誌に踊らされてました。

その混迷の時期にこのエクストリーム、
日本語に直訳すると“過激”とかですが、
「MORE THAN WORDS」ってアコースティックバラードが大ヒット、
そのおかげか、メインストリームにのし上がったワケなんですね。

サウンドは明るくてポップでノリがいい、ヴァンヘイレンを思わせるような、ってヤツです。
ヴォーカルのゲイリー・シェローンは実際、後にヴァンヘイレンに加入するのですがw

そして、このバンドにはスーパーギタリストがいるのですが、
それがヌーノ・ベッテンコート。




この人が、なにせとにかく上手いんデス。
特にそれを強く感じさせてくれるのが、ライブでのパフォーマンス。
激しく動いて、ギターの構える位置もやたらと低くて、
なのにテクニカルでトリッキーなプレイにミスがないのだから、
とんでもないウデを持っておりマス。

クイーンのブライアン・メイをリスペクトしている延長上で、
自身のギターもオリジナルで制作しちゃったというから、たぶん根がオタクなんでしょうね。

イマイチ、シーンで弾けたバンドではありませんが、
ギターキッズなら、ヌーノのプレイに一度は触れるべきではないでしょうかねえ。


エクストリーム/ポルノグラフィティ
エクストリーム/ポルノグラフィティ
価格:1,800円(税込、送料別)

0 件のコメント :

コメントを投稿