2014-01-06

年明けで景気のいいカンジの曲が聴きたかったので「T-REX」をチョイスする

2014年ですか。
子供の頃、21世紀なんて遠い未来に思えたものですが、気がつけば14年も経過しているわけで、ドラえもんなどで示されていた未来像とはだいぶ違って、あんまり昔と劇的な変化は感じられないものですね。

クルマにタイヤは着いているし、
瞬間移動もしなければ、頭にプロペラ着けて空を飛ぶなんてこともないわけで、
ピコピコと電子音だらけの音楽がスタンダードになっているでもなく、
相変わらずロックはロックのままだったりするわけで。
大昔のロックをこうして2014年も引っ張り出してきて聴いているとは思わなかったですよ。

というわけで、まさに恐竜的古臭さのロック「T-REX」の「Get It On」を。
「20th Century Boy」と双璧を成す、T-REXの名曲ですワナ。



マーク・ボランがカッコイイっすね。
股間でレスポールを構え掻き鳴らすスタイルですよ。
ジミー・ペイジやスラッシュもいいですが、ボク的には一番レスポールにフィットしているギタリストのイメージっすね。

いわゆるグラムロックってヤツで、パンタロンにロングヘアにナンパな曲調がイカしてます。
T-REXもしくはグラムロックの影響・フォロワーでボクが思いつく曲や人物は以下。

■ローリー寺西

■イエローモンキー

■ハクション大魔王のオープニング曲


・・・非常に貧困な発想っすね。。

0 件のコメント :

コメントを投稿