2014-06-24

DEAD END・・・生まれた時代が悪かった...ってヤツっすか

今でこそ、ビジュアル系と呼ばれたりあるいは呼ばれるのを嫌ったりするバンドたちが、
影響を受けたレジェンドとして挙げる日本のバンドに、
BUCK-TICKであったりX-JAPANであったりをこぞって推挙いたしますが、
DEAD ENDもそのひとつ。

まあ、いわずもがな。
野暮っすね。




ただこのDEAD END、他のバンドは一様に時代の寵児としてもてはやされたのとは対照的に、
当時それほど一般の音楽シーンでブレイクしたワケではございません。
というか、むしろ売れてなかったかも。

当時あった、ベストテン系の音楽番組チャートに出現するようになるのも、
音楽性が変わりに変わりまくって初期の面影もないポップ(一見ね)になった最後期の作品でのもの。

ボク自身、彼らの作品は、初期のヘヴィメタル然としたモノしか聴いた事がなかったので、
突然ヒットチャートに現れた彼らの曲を聴いて、
「え、こんななっちゃったの??」
と驚いたものです。

そう、DEAD ENDは、作品毎の音楽性の進化or昇華がすさまじく、
サウンドの劇的な変化というものに対して、
現在のリスナーほど耳が肥えていて、多様性や意外性を受け入れる度量の狭かった時代のリスナーにとっては、
スンナリついていくのが正直難しかった点は否めません。

それでも「後の世に評価される」ってヤツで、
今改めて聴いてみると、その先進性やクォリティの高さには驚かされますし、
現在のシーンに受け継がれている要素が端々に見てとれます。

たぶん、当時のプロデューサー岡野ハジメ氏の力なんかも大きかったのでしょうかねえ。
知りませんケド。
ちなみに岡野ハジメ氏は、L'Arc~en~Cielのプロデューサーで有名なお方ですね。


さて、ボクの中でのDEAD END作品の認識は、以下の三部作。


メジャーデビュー作品「GHOST OF ROMANCE」では、
実に悪魔的で荒々しくホラーチックな世界観のヘヴィーメタルで、技術の高いリズム隊に支えられて、ヴォーカルのMORRIEの変幻自在で強烈なカリスマ性を帯びた歌唱と、ギターの正統派ではない一風変わったフレージングが特徴的なものでしたが、

【ポイント10倍】新品未開封【CD】GHOST OF ROMANCE[+1]デッド・エンド [SHM-CD][VICL-70022]


セカンドの「shambara」では、ディストーションギターが徐々に影を潜め、クリーンでオリエンタルなアルペジオを多用した、メタルでは括れない独自の音楽性を早くも発露、

【Aポイント付+メール便送料無料】DEAD END / shambara[+2][CD][初回出荷限定盤]【★】


そして、彼らの当時の最終形態「ZERO」においては、著し過ぎるサウンドの変化を実現、完璧な独自の世界観を構築したヴォーカルと、ムダをとことん省いたようなクリーントーンギターが、当時ではかなり時代を先取りし過ぎた洗練された音楽性を実現いたしております。
ビジュアル系が音楽面において模範とするバイブルの誕生です。

DEAD END デッドエンド / Zero 【Blu-spec CD】


1作目・・・魔界
2作目・・・地下
3作目・・・地上

みたいなステージ移行が、通しで聴くと鮮明になります。
悪魔の子がやがて人間になるみたいな、
壮大な変遷が感じられる出世魚三部作です。


ところで、サウンドの変化が著しい彼らにも、
ひとつだけ変わらない、ある意味ストロングポイントとも呼べる点が、
ドラム&ベースの技術の高さ
バックの演奏力の高さこそが、いかなる音楽性へと変化しようとも、
DEAD ENDのサウンドをチープにならずに成立させていた要因かもしれません。

I'M IN A COMA」あたりの、クリーントーンギターだけではショボくなりがちなイントロを美しく際立たせているのも、高度なタイム感を持ったドラムスの技術の高さ故ではないでしょうか。
(ちなみにドラムスはご存知・日本のトップドラマーのひとり湊雅史さんです)


今改めて聴くと、“時代錯誤”とはこのことか、登場が10年遅ければ、きっとめちゃめちゃ偉大なバンドになっていたんだろうなぁと想像しますワ。
ヴォーカルのカリスマ的カッコ良さ、バンドの演奏力とサウンドセンス、
つくづく「これが“生まれた時代が悪かった”ってヤツなのかぁ・・・」と思わず遠い目になってしまいます。

(ちなみに、解散後、2009年に復活して現在も活動中です。個人的には、ひそやかな伝説のままでいて欲しかった気持ちが大きいですが。。)

0 件のコメント :

コメントを投稿