2014-09-05

ピンクフロイド「原子心母~Atom Heart Mother」

俗に言う「プログレッシブ・ロック」、
すなわち「プログレ」の代表格バンドといえば、
ピンクフロイドが筆頭でしょうか。

キングクリムゾンやイエスなんかもいましたけど、
その時代において「進歩的」って言葉が一番しっくりくるのは、ピンクフロイドがダントツの感がありまして。

サウンドの実験性やコンセプト、ステージなどは、時代背景を考慮しながら観てみると、
かなり先進的で独創性に満ちているなと、今でも真新しく聴けてしまいます。


テイストやスピリットなんかは、
レディオヘッドあたりが受け継いでいるのでしょうか、
この手の内向的なサウンドはブリティッシュに限ります。


一般にピンクフロイドの傑作・名盤といえば「狂気」とされていますが、
彼らをリアルタイムで知らないボクが、
当時中古CDで無造作に購入したピンクフロイドのアルバムは「原子心母

【ポイント10倍】新品未開封【CD】原子心母ピンク・フロイド [WPCR-80124]


よく雑誌なんかで見かけるレジェンドバンドだし、
「狂気」はあまりにも名盤だからなのか、
中古CDショップにあるのは「原子心母」ばっかり5枚くらいあるだけだったので、
とりあえずしぶしぶ購入。

ちなみに、乳牛の絵が描かれているだけのワケのわかんないジャケットに、
「原子心母」という謎のタイトル、
かなり嫌な予感はしておりました。



さて、どんなものかと聴いてみたら、
オープニングのオーケストラチックで妙に鬱な曲展開に、
「なんじゃこりゃ??」
と衝撃的に戸惑わされた記憶アリ。

一応通して聴き切ってみるものの、
結局、最後までピンと来ず。
決して作品が「悪い」とか「ヒドイ」という感想なのではなく、
「よくわからない。。」
というもの。

感覚的には、お経や賛美歌を聴くのと同類みたいな感がありました。。


ところが不思議なもので、
ナゾめいたものは、自分の中で可能な限り理解しようとしたくなるものなんスね、
ヒトっつうのは。
月日を経て聴き続けていくうちに、
いつしかクセになってしまっているんですね。
ジャケットの乳牛もなんだか意味あり気に見えてくるから不思議です。

ということで、
ボクの中でのピンクフロイドのフェイバリット・アルバムは、
「原子心母」
と刷り込まれてしまった次第。


ただし、
やはり初めてピンクフロイドを聴くなら、
有名な「マネー」なんかが収録されている「狂気」を聴くべきだよなと、
フツーに思いますケドね。。

0 件のコメント :

コメントを投稿