2014-10-17

やっぱ「イニュエンドゥ」だな。フレディ存命時のクイーン最後のアルバム


フレディ・マーキュリーといえば、このポーズしかないッショ


クイーンといったら、
「ボヘミアン・ラプソディ」だとか「ウイ・ウィル・ロック・ユー」だとか「レディオガガ」とか、
とにかくメロディアスで独創性のある音楽性で、何を聴いてもハッとさせられる名曲尽くしってカンジで、
今更なんなんダヨおまえ、ってヤツなんですが、
個人的に最も好きで心に残るクイーンのアルバム『イニュエンドゥ』について、
一発したためたろうという魂胆っす。


日ハム稲葉さんのチャンステーマ曲や、
スポーツの優勝が決まるとよく流れたりビールCMのBGMに使われるように、
楽曲はキャッチーポジティブでドラマティックといった傾向が強いクイーンにあって、
『イニュエンドゥ』は、全般的にどこか物悲しさがあって、
それは聴く側が勝手に当時のフレディの状況を背景に透かしているせいもあるのかもしれませんが、それにしても、若干異質である印象は強いです。


オープニング曲の「イニュエンドゥ」は、
ボレロのようなリズムのイントロにはじまり、
荘厳な雰囲気の曲調から一転、
クイーンお得意の転調、本作ではスパニッシュギターが炸裂するという、
初見で聴くと、まず間違いなく「エ?」と、
それまでの曲調のことを一瞬にして忘れ去ってしまうような展開に。

たぶん、ヴォーカルがなかったら、
プログレっぽい構成だ、とか感じてしまうのかもしれませんが、
やはりフレディのヴォーカルこそが全て、
あまりに歌が上手過ぎて、ヘンテコな曲展開も結局気にならないどころか、
何度でも聴きたくなるアジに満ちております。


そして、フレディの魂のシャウト&哀愁がなんとも心にクる~ような、
オーラスの「The Show Must Go On」



しゃくりあげたフレーズをさらにしゃくりあげるような、
フレディの歌いっぷり、
ドラマティックにも程があります。

やはり、既にエイズに冒された身でのレコーディングということで、
心なしか歌声の線が細いような気もしないでもないところが、
もしかしたら本アルバムを単なる従来のクイーンらしい勇猛さ・陽気さと一線を画しているように聴こえる要因のひとつかもしれないっすね。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】イニュエンドウ<リミテッド・エディション>(2CD) [ ク...

1 件のコメント :

  1. 今日は。私も大のクイーンファンで、イニュエンドゥもかなり好きです。初めて聴いたのは確か1990年ごろだったと思います。ブライアンのギターは重厚なバックを引っ張り、アメリカでのウケ狙いでファンキー色が強かったそれ以前のアルバムの流れを一気に元に戻してくれた感じでしたね。フレディがなくなる前の1990年5月の大阪公演を観ることができたのが今でも少しは慰めになっています。

    返信削除